注目のウォーターサーバーを今すぐチェック!

人間にとって欠く事の出来ないもの

人間が生きていくために、水分は絶対に欠かせません。人間は数週間程度食事をしなくても生きていく事ができますが、水分を失い脱水症状に陥ると、たった3~4日程度で命を落としてしまうとも言われています。水分は人間の体温調整に不可欠なものです。もしも脱水症状で大量に水分が失われると、体温調整がうまくいかなくなり体温が上がってしまいます。また体の中の老廃物を尿や汗として外部に排出する機能も、水分がなければスムーズに行われなくなります。水分が体から抜けてしまうと体内に老廃物がどんどん溜まってしまいます。放っておくと体は機能不全の状態に陥り、命を落とすことになります。また、水には水溶性の栄養素(ビタミンなど)を体内に運ぶ働きもあり、まさに「命の水」と言えます。


飲み水を取り巻く環境の悪化

そんな重要な「命の水」ですが、近年、水を取り巻く環境はますます悪化しています。60年ほど前から、水道水は塩素によって殺菌・消毒されています。この塩素は大変微量なので人体に影響はない、という意見が水道局の主張ですが、塩素入りの水道水を毎日飲み続けたらどうなるのでしょうか?また塩素がトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質を生み出す原因にもなっていますし、古くなった水道管からは鉛の成分が溶け出して微量ながらも水道水に混入している、という事実もあります。さらに驚く事に、いまだに石綿管を使っている地域もあるのです。安全である、人体に影響はない、とは言われていますが、本当に体に害はないのでしょうか?また、他の化学物質や有害物質などが水道水に混入するリスクもゼロではないのです。


放射性物質の怖さ

水道水に加えられる塩素だけでなく、水の安全性は放射性物質によっても脅かされています。2011年に発生した福島第一原発の事故は、広い範囲を放射性物質で汚染してしまいました。放射性物質は空気中にチリやガス状になって漂い、いったん上空に巻き上げられたとしても、再び雲の一部となってまた地上に降って来ます。そのため、原発事故の現場と大きく離れた場所から放射性濃度の高い地域(ホットスポット)が生まれてしまうのです。遠くに離れているから絶対大丈夫とは言えません。放射性物質の怖さは、体内に入るとその放射性物質の特性により人間の臓器の特定の部分に凝縮され、ある一定期間、ずっと放射線を出し続ける点です。これによりガンや白血病になる可能性が高まるのです。


赤ちゃんや子どもに安全な水を

放射性物質の影響は、高齢者の方よりも若い方に強く出る、と一般的には言われています。若い方の方が細胞分裂が活発で、放射線の影響をより受けやすいからです。特に赤ちゃんや小さなお子さんは要注意です。細胞分裂が他のどの世代よりも活発だからです。子供の将来を左右するかもしれない放射能汚染の問題を、黙って見過ごすことは出来ませんね。「わが子には安全な水を」そんな気持ちに駆り立てられた親御さんが、福島第一原発事故後にスーパーやコンビニに押しかけ、大量にミネラルウォーターを購入しました。当時はミネラルウォーターが店頭から一斉に消え、大パニックになりました。それもこれも全て、赤ちゃんや子どもに安全な水を飲ませたいという親心のため。状況がかなり落ち着いた今でも、もちろんそんな気持ちは変わっていないものと思います。


おいしい軟水

ウォーターサーバーで各家庭に供給されるミネラルウォーターは、その水分の中に適度なミネラルを含み、さらにそのミネラル分も外国の水ほど多くない軟水なので、日本人にとって最も「おいしい」と感じられる安全な水です。軟水は普段私たちが飲んでいる水道水と共通しており、日本人には馴染みのある水質なのです。さらに適度なミネラル分と衛生的なパッキングで、最後までおいしい水を味わうことが出来ます。塩素の臭いのする水道水に慣れてしまった方なら、なおさらそのおいしさに気が付かれるはずです。ミネラルウォーターのおいしさは、まろやかな飲み口やほんのり感じる甘味、クセのない味わいなど水質や採取された地域によっても様々です。また採水地の土壌の質によっては、貴重なミネラル成分(バナジウムなど)が溶け込んでいることもあります。自然な状態では簡単に摂取出来ないミネラル成分ですので、積極的に飲みたいものです。


ダイエット効果も期待

ミネラルウォーターにはダイエット効果がある事をご存じでしょうか?普段あまり水を飲まない方に、特にお勧めなのがミネラルウォーターダイエット。一日に2リットル程度のミネラルウォーターを毎日飲み続けると、便秘が解消し体の毒素が排出され、さらに肌がきれいになると同時にダイエット効果も期待できるそうです。特にミネラル分の多い硬水は、便秘解消効果が高いのでお勧めです。ただし、ミネラルウォーターも2リットルの水を一気にがぶ飲みするのではなく、一日のうちに数回に分けて少しずつ飲みましょう。この時飲用するミネラルウォーターは、特に高額なものでなくても構いません。水分を十分に摂り、適度な運動をして汗を書く事で徐々に痩せる体に変わっていきます。ただ腎臓に病気のある方は絶対にこの方法は実践しないで下さい。また硬水は体質により体に合わない事もありますので、少しずつ試して下さい。



水は私たちの命を支えるもの。安心・安全な水は私たちの命だけでなく、健康を維持するためにも必要なものです。今、そんな大切な水の安全が脅かされています。わが子のために、また健康な体のためにも「安全でおいしい水」が注目されるのは自然なことです。次は「安心・安全な水」をご家庭で手軽に飲めるウォーターサーバーのメリット・デメリットについて見てみましょう。