ウォーターサーバーの宅配エリア

あなたの街の御用聞き

自社の配送用トラックを持ち、担当者があらかじめ決められた地区を回る(地域に根差した宅配水企業)では、地域密着型のきめ細かなサービスをセールスポイントにしています。毎月必ず決まった本数の給水ウォータータンクの購入を義務付けている宅配水会社がありますが、このようなシステムでは、水が飲みきれない時に購入したタンクが賞味期限切れでムダになる事も考えられます。けれども定期的に必要なタンクの本数をチェックしてくれると、各ご家庭の水の利用量の実態にそったオーダーが可能ですので、ムダに注文する事がありません。あまり水を飲まない時は思いきってオーダーを止めればいいのです。そしてまた次の訪問で注文するなどのユーザー本位のサービスが実現するのです。


全国へ配送可能

逆に自社の配送用トラックを保有せず、宅配業者と契約してウォーターサーバーや給水用のウォータータンクを全国に発送している会社もあります。このような企業の場合、いったん配送した給水タンクを再び回収することは難しいため、ワンウェイタイプの使い切り給水用ウォータータンクを採用しています。全国へ配送可能とありますが、業者によっては日本国内でも離島への配送は不可能、北海道や沖縄へ商品を送る際は別途送料が必要、など各社の基準がバラバラです。全国対応とはいえ、北海道や沖縄、離島にお住まいの方々は、配達可能地域かどうかを事前に確認した方が良いようです。対応可能地域外にお住まいの場合、残念ながらサービスの提供を受けることができません。


別途かかる送料に注意

沖縄や北海道、離島などでは給水タンクやウォーターサーバーの送料などが別途必要になる事があります。給水用のウォータータンクを注文するたびに、商品代金に加えて送料が420円、525円、630円などその会社の規定によって加算されてしまいますので、何度も購入するとかなりの金額になる事もあります。これらの費用に目をつぶる事ができるのなら良いのですが、毎回送料を加算されるのが辛い方は送料を請求されない業者を探すか、市販のペットボトルを購入するかの方法しか選択できません。市販のペットボトルを購入する場合と、宅配水を送料を払って購入する場合のどちらが経済的か、どちらが自分のライフスタイルに合っているかを考えてみましょう。



ウォーターサーバーを取り扱う会社では、宅配便業者を利用してほぼ全国に商品を届ける事ができますが、一部配達出来ない地域があることや別途送料がかかる場合もあるので事前に良く確認しましょう。配送可能エリア内に住んでいるかどうかは重要です。