ウォーターサーバーはお手入れしやすいものをチェック

日々のお手入れが簡単かどうかをチェック

ウォーターサーバーの日常的なお手入れは、キッチン用ペーパーとアルコール除菌剤を使って、水の受け皿や、水タンクとサーバーの接合部分の除菌を行います。他にもノズルキャップを外してブラシや綿棒でお手入れを行います。意外と汚れる部分ですので、丁寧に水タンク交換時にお手入れを行います。他にも背面部分や本体を掃除することも必要ですが、こちらは1か月に1回程度のお手入れで十分です。

本格的なメンテナンスが必要かどうかをチェック

日常的なお手入れは簡単なものですが、業者によっては1年に1度、ウォーターサーバーを引き取って、工場にて分解、徹底的に清掃・除菌します。衛生面を考えると、本格的なメンテナンスはやはり必要ですね。このメンテナンスは1年に1度行う、もしくは3年に1度など業者によってその間隔が変わってきます。契約の前に確認しておきたいですね。定期メンテナンスになると、今まで使っていたサーバーを新しいサーバーと取り換えることなります。

メンテナンスにかかる費用もあらかじめ把握

定期メンテナンスの場合、利用者がメンテナンス料金を支払うこともあるようです。料金は5000円ほど。メンテナンスは1年に1度程度の頻度ですが、もしユーザーが費用を負担するとなれば気になります。定期メンテナンス費用やその間隔は業者によって違いますので、気になる方はあらかじめチェックしておく方が無難です。あとで「メンテナンス料金を5000円も請求された」と驚かなくてすみます。